え?ドッキリ?ホントにWAGASHIだけ?マジふれあいだけかーい!!

今、ベトナムのテレビ番組を見てて感じたことです。
ただのおじさんの感想文です。
特に深い意図はありません。
僕自身、ボランティアの経験ないし。

ベトナムには本当に貧しい地域があります。
中国との国境付近の山間部では想像を絶するほどの貧しい子供たちがいます。

そんな子供たちに会いに行くボランティア。

子供たちと一緒にコマ回ししたりダルマさんが転んだをしたり。
ふれあいの時間。
楽しそう。

そのあと、地元料理を一緒に作って会食だって。
いやいや、この子たち、これ毎日食べてますから。
カレーとかさエバラの焼肉のタレで肉食べさせてあげましょうよ。

で、お別れの時間です。
贈り物、和菓子。
「This is WAGASHI.」だって。
英語が分からない子供たち。
そもそも日本人が何者なのかも分からないのに和菓子の芸術性って・・・。
法事で余ったあんぱんとかクリームパンをトラックで持って来て下さいよ。
質より量でしょうに!!
腹持ち重視でお願いしますよ。

センスないわー。

で、バスでバイバイーって。
また会おうねって。

ここからは、僕の想像です。

子供たち、バスが小さく消えていくのを見届けながら、心の中は
「え?ドッキリ?ホントに帰っちゃったの?何か渡し忘れているものない?ホントにWAGASHIだけ?ノートと鉛筆とか食料とか、はたまたお金とか・・・。マジふれあいだけかーい!!」

「貧しいかもしれないですけど、心は豊かであってほしいですから。」だって。
心よりお・な・か!!
今晩食べる物もないですから!!

センスないわー。

23795825_722065524659784_5729208504551276680_n.jpg

もちろん、学校や橋を作ってあげたり、服や食料を支援したりするボランティアもたくさんあります。
実際、外国人とふれあう機会も子供たちにとっては貴重な体験だと思いますね。

終わります。続きます。

ためになるベトナム情報はこちらから
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村








この記事へのコメント