”天津飯、かに玉とご飯抜きで”・・・ってとろみだけのことですか!!

うちのママは今日も抜き打ち調査です。
ベトナムの赤ちゃんを守るために。

今日調査する日本製品の店は、以前も蕎麦を赤ちゃんの離乳食にアレルギーの説明なしで勧めてきて、うちのママがブチ切れた店です。

ぐるっと店内を回ると、赤ちゃんの離乳食用の「とろみのもと」がありました。
値札の変な説明書きに目に留まったみたいです。
IMG_5203.JPG

ママ「ちょっと、店員さん。これ離乳食のお粥に使えるの?」
店員「はい。この粉をお湯に溶かせばお粥になります。写真みたいになめらかで食べやすいです。日本人は5ヶ月からこれを食べさせます。」
ママ「そうね。食べやすそうね。1ケースもらおうかしらってコラー!!毎日味がないでんぷんだけ食わすんかーい!!これは赤ちゃんが離乳食を食べやすくするためにとろみをつけるためのものじゃボケー!!メイン料理あってのとろみだろ!!”天津飯、かに玉とご飯を抜き”で注文しますかー!!はー!!」

※ママのセリフは少しだけ盛ってます。

ママ、今日もベトナムの子供たちを守り、水戸黄門様みたいに高笑いでした。

蕎麦のことでブチ切れたブログ


終わります。続きます。

楽しいベトナム情報はこちらからです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村











この記事へのコメント